安田明史の顔画像・プロフィールや事件の詳細を調査!サザン原氏の実兄の対応が神すぎる!

サザンの原由子さんの実家の天ぷら店「天吉」で客の安田明史が暴行をするという悲しいニュース。

安田明史の情報から店の対応まで、事件の詳細を調査!

スポンサーリンク

事件の詳細


出典;TBSNEWS

 横浜市中区にある「サザンオールスターズ」のメンバー、原由子さんの実家の飲食店の店長らに暴行したとして、50歳の男が現行犯逮捕されました。

逮捕されたのは横浜市中区に住む職業不詳、安田明史容疑者(50)です。

安田容疑者は5日午後4時ごろ、中区にある飲食店で店側と口論になり、店長や店員に対して平手打ちをしたり、腕をねじりあげたりするなど暴行をした疑いが持たれています。店長と店員にけがはありませんでした。

警察は認否を明らかにしていませんが、安田容疑者は当時、酒に酔っていたということです。

出典;TBSNEWS

午後3時~4時に酒に酔っていたというのも驚きですよね。

ゴールデンウイークということもあり、昼からお酒を飲んでいたのでしょうか。

安田容疑者の当日の詳しい行動は?→安田明史の当日の行動やネット上の反応は!?天吉はおいしくて評判!?

安田明史のプロフィール


出典;TBSNEWS

名前:安田 明史(やすだ あきひと)

年齢:50歳

住所:横浜市中区

職業:不明

天吉はおいしくて有名な店と評判で、全国から訪れる方も多いようですので、安田容疑者が横浜市中区に住んでいたということは、天吉への来店は初めてではなかった可能性もありますね。

もし、初めての来店でなかったとしても、天吉の評判は知っていて来店した可能性が高いと思われます。

酒に酔っていたと報道されていますが年齢も50歳であり、さすがにお酒との付き合い方をわかって飲酒をできるようになっていてほしい年齢のような気がします。

動機は?

現在、報道では、動機について明らかにはなっていません。


出典;TBSNEWS

しかし、酒に酔って来店していたことはわかっており、店側の何気ない言葉や対応を逆手にとって、腹を立てた可能性もありますね。

天吉は、老舗の天ぷら屋で、サザンの聖地とも言われている店であり、おいしいと評判だそうです。

暴力事件が起きたから評判が落ちることはないとは思いますが、店側からしても、客の立場からしてもショックな事件ですよね。

当時、安田容疑者は周りに与える影響まで考えられる状態だったのでしょうか。

酒に飲まれた勢いで事件を起こしてしまったのだとしたら、とても残念です。

スポンサーリンク

安田明史の顔画像・Facebookを調査!

安田明史の顔画像は現在のところ報道されていませんでした。

追加情報があれば、追記します!

また、安田明史のFacebookのアカウントを検索し、同姓同名のアカウントは発見しましたが、本人と断定できるには情報不足で、特定できませんでした。

安田明史のFacebook検索結果はこちら

天吉の店長(サザン原さんの実兄)の神コメント

サザンオールスターズの原由子(61)の実家の飲食店で酔った男(50)が男性店長らに暴行を加え、逮捕された事件で、被害を受けた店長で原の兄である原茂男さん(65)が6日、日刊スポーツの取材に応じ「店の方は大丈夫です。ご心配をおかけしました」と話した。

店は、江戸時代末期から続く横浜の老舗天ぷら店「天吉」。古くからの常連客を始め、横浜スタジアムに近いこともあり、横浜ファンはもちろん、原の実家として、サザンファンからも愛される名店だ。

この日は開店時から、心配した常連客らが「ニュースで見たよ」と次々と来店。お見舞いの花も届けられた。原さんは、常連客らに「大丈夫です。心配かけたね」と穏やかに応じた。男から被害を受けた原さんは両腕に絆創膏を貼っていたが「絆創膏で治る程度。全然問題ないですよ」と笑ってみせた。

出典;日刊スポーツ

店長の原茂雄さんは、自分や従業員の方も暴行を受け他にもかかわらず、穏やかに笑顔を交えて取材に応じたり、常連客らの対応をするなんて、神対応ですよね。

被害を受けた傷も、絆創膏で治る程度で本当に良かったです。

もし、骨折など、手が動かしにくくなったら、天ぷら店の営業にも影響しますよね。

天吉の評判は?→安田明史の当日の行動やネット上の反応は!?天吉はおいしくて評判!?

まとめ

居酒屋など、飲酒ができて、夜遅くまで営業されているお店では、暴力事件もそこまで珍しくないのかもしれません。

もちろん、どんな店でも、暴力事件を起こしては絶対にダメですが、今回の事件現場がは、老舗の由緒ある店であり、サザンオールスターズのファンの聖地ともいわれており、店側や訪れる方々にとって、ショックが大きいですよね。

最近、お酒にまつわる事件が多いように感じます。

酒に飲まれず、楽しくお酒と付き合っていかないといけませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする