小豆島で出来る蔵見学・絶品しょうゆスイーツ!人気の理由や注意点は!?ヤマロク醤油がおいしい理由。

蔵見学前に○○を食べたら参加できない!?実際に訪れると、伝統の醤油づくりを余すことなく、見学させていただけます!


出典;colocal


スポンサーリンク




ヤマロク醤油の旨さ、人気の理由はこだわりの製法


出典;旅ぐるたび

一般的な醤油の仕込みは、豆と小麦に麹菌を加えてできた麹を食塩水で行いますが、ヤマロク醤油は塩の代わりに生醤油の塩分を利用する、「再仕込み醤油」という製法で仕込みを行っています。

また、木(杉)桶を使った天然醸造を用いており、この製法は温度調整が難しく、天然醸造の醤油は醤油全体の1%しかないそうです。

また、ヤマロク醤油はさらに、2年の熟成期間を経て完成した生醤油を、さらに2年ほど仕込む二度仕込みを行っており、他とは違う、深みやコク・香りやまろやかさがでるのです。(鶴醤)

ヤマロク醤油独自の製法は150年間変わらず受け継がれ、木樽や蔵の柱や梁・土壁に住み着いた菌が複雑に絡み合って独特の旨みがでているのすが、詳しいことは科学でもまだ解明されていません!!

出典;旅ぐるたび2大看板醤油は「鶴醤」と「菊醤」。

「鶴醤」は「深いコクとまろやかさ」を極限まで追求しており、芳醇な味と香りが特徴。

「菊醤」は原料にこだわった正統派のお醤油で、ほんのりと香る甘みとコク、あっさりとしたキレのある旨みが特徴。

一度は訪れてみたい、150年の伝統がそのまま・雰囲気がすごい醸造蔵


出典;職人醤油

醤油って、どうやって作られているか、知っていますか?

醤油は繊細で、蔵の見学が出来る蔵元はほとんどありません。

しかし、ヤマロク醤油さんは、年中無休、予約なしで見学可能で、しかも見学料は無料なのです!

実際に醤油がつくられているもろみ蔵に、一般の私達が足を踏み入れ見学が可能です。

いつでも実際のヤマロク醤油づくりの行程を見ることができ、醤油の奥深さやおいしく作る秘訣を教えてくれます。

都合が合えば(テレビや雑誌でも有名で、醤油づくりに熱い)社長が自ら蔵を案内してくれ、見学しに来た人に合わせて、時間をかけ説明してくれることもあるのだとか。

薄暗くて少し涼しい蔵の中には、直径2m半・高さ2mにもなる大きい杉樽を始め、大小の杉樽に囲まれた蔵の中には独特の雰囲気と良い香りが充満していています。

実際に見ると、蔵の雰囲気や香りに圧倒されそうですね。


出典;旅ぐるたび

見学の後はヤマロク醤油の味見もでき、見学した人が、ヤマロク醤油の虜になってしまう理由が分かります。

スポンサーリンク




納豆は食べちゃダメ!

年中無休の蔵見学ですが、断られる事が1つだけあります。

それは、蔵見学の前に納豆を食べる事!!

蔵の中には、100種類ほどの酵母菌や乳酸菌などの菌が住み着いており、醤油の原料のもろみの発行に役立っています。

納豆菌はとても強い菌で、これらの菌が負けてしまい、醤油作りに影響が出てしまうのです。

うっかり朝ごはんに食べてしまったらショックですよね。決まりを守って楽しい見学をしましょう。

蔵元でしか食べられない、オリジナルしょうゆスイーツ💛ラクトアイス+醤油=キャラメル風味!?

蔵見学の後は醤油の味見や併設の「ヤマロク茶屋」でしょうゆスイーツがいただけます。

メニューは、定番のひややっこ・やきもち(もちろんヤマロクさんの醤油をかけて)の他にも、プリン2種類や「しょうゆかけかけ」こと、ラクトアイスに鶴醤をかけるというスイーツがあります。


出典;ヤマロク醤油

お味は・・・メープル風味・・・!?実際に自分の舌で確かめに行ってみて下さい!

ヤマロク醤油へのアクセス

小豆島の南東に位置するヤマロク醤油。

何度か行ったことがあっても迷ってしまうような少し分かりにくい場所にあるので、ナビや地図は必須です!

ヤマロク醤油の地図はこちら

スポンサーリンク