山口和己の顔画像やプロフィールは?覚醒剤100kgを密輸した手口や動機・密輸組織の実態は?

衝撃!!覚醒剤100㎏・末端価格60億円相当を中国から密輸。。

国際的な組織が関与している可能性もある今回の事件の実態や逮捕された山口和己容疑者や中国籍の男らについて徹底調査しました!!

スポンサーリンク

事件の概要


出典;TBSNEWS

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された佐賀市の無職、山口和己容疑者(47)や中国籍のウ ウィン イン容疑者(40)ら合わせて7人が先月、覚醒剤およそ100キロ、60億円相当をコンテナ船で中国から大阪港に密輸した疑いが持たれています。

警察は、背後に国際的な密輸組織が存在すると見て捜査しています。
出典;TBSNEWS

日本人と中国人が共謀して、組織的に覚醒剤を密輸しようとしていたなんて恐ろしすぎますね。

また、100kgもの量を密輸し、末端価格60億円とは、規模の大きさも驚きを隠せない事件ですよね。

容疑者や事件について掘り下げていきたいと思います。

山口和己の顔画像・プロフィール


出典;ANN

名前:山口 和己(やまぐち かずみ)

年齢:47歳

住所:佐賀県佐賀市高木瀬東2丁目

職業:無職

顔画像・フェイスブック:現在、報道の中では顔画像は公開されておらず、Facebookアカウントも本人と特定できるものは見つかりませんでした。

報道にはありませんが、山口容疑者がどの今回の事件に関するニュースでも取り上げられており、もしかすると、今回の事件のメンバーのなかでリーダー的な役割を果たしていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

7人の共謀者・・中国籍の男を含む7人とは・・?

今回の密輸事件には山口容疑者を含めて7人の男が共謀していると報道されています。

7人の詳細は日本人3名香港出身の中国籍の男4名であり、日本人は山口容疑者以外は報道されていませんでした。


出典;TBSNEWS

中国籍の4人のうち、名前が公開されていたのはウ ウィン イン容疑者(49歳)レイ・シュウ・ホン容疑者(59歳)と自称溶接工陳景邦容疑者(31歳)です。

そのほかの情報は現在わかっていませんが、日本人の容疑者の詳細情報も気になりますので今後情報が公開されたら追記します。

密輸の動機・手口や詳しい経緯は?

動機

今回の覚醒剤密輸は、なんと営利目的・・・。

100kgもの覚醒剤を日本に密輸して、売りさばくつもりだったのでしょうか・・。

もし今回の事件が検挙に至らず、このまま密輸が成功して100kgもの覚醒剤を日本人が使うことになってしまっていたらどれだけの影響がでるかと思うと、本当に怖いですよね。

手口や検挙の経緯は?

5月7日


出典;九州朝日放送

山口容疑者ら7人は香港籍のコンテナ船(5万5千トン)を利用して、中国広東省深圳(しんせん)の港で約100kgの覚醒剤を積み、香港経由で大阪港に入港し密輸しようとしました。

5月10日

税関検査で段ボール箱に入った木製品の中から覚醒剤が発見されました。

その後、警察は、覚醒剤を別のものとすり替えて運ばせる「泳がせ捜査」を行いました。

覚醒剤の代替品となった積み荷は、福岡県大川市の倉庫と東京都墨田区の建物に移されたため、警察は山口容疑者ら7人を麻薬特例法違反の疑いで逮捕しました。

6月19日


出典;九州朝日放送

福岡県警が、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)容疑で7人を送検しました。

現在、7人の認否は明らかになっていませんが、どうやって、こんなにも大量の覚醒剤を手に入れたのか、入手ルートがとても気になりますよね。

スポンサーリンク

国際的な密輸組織の実態は?


出典;TBSNEWS

現在、ニュースで、この事件に関して「警察が背後に国際的な密輸組織があるとして調査している」という情報以外にはこの密輸組織に関する情報は得られませんでした。

しかし、これだけたくさんの覚醒剤を多国籍の7人が手を組んで密輸するのは個人の犯行では規模が大きすぎますよね。

今後、密輸組織やこの事件に関する新たな情報があれば、適時追記します!

ネット上の反応

・日本も極刑にしないと、これは氷山の一角

・100キロ捨てて、残りの900キロは密輸成功って感じでしょ

・日本は覚醒剤に対する罪が軽すぎる、中国を見習って覚醒剤の量次第で死刑でいいと思う。
100㌔日本中に売買されてたら何人死んでたか分からない

・やはり薬物による罪が軽い為、日本で取り引きされるんですね。
中国や、東南で捕まったら死刑になるから。

・60億円!
覚醒剤って原価はどのくらいなんだろ。
儲かるから密輸が無くならないんだろうけど。
出典;YahooNEWS

ネット上で、一番多かった意見は、海外に比べて、日本の覚醒剤に対する処罰が軽すぎるという意見でした。

また、末端価格で60億円という覚醒剤の価値に疑問視する声も見られていました。

その人や周囲の人々まで巻き込んで人生を狂わしてしまう覚醒剤。。

もし、本当に日本の刑が軽すぎるのだとしたら、衝撃的ですよね。

まとめ

今回、検挙に至り、一安心ですが、覚醒剤の密輸は取り締まってもなかなか無くなりませんよね。以前、個人でも大量の覚醒剤を密輸したという事件がありましたが、今回は組織的な犯行と報道されており、規模も違うため、恐ろしすぎますよね。

ペットショップを経営者が家族旅行を装って個人としては最大級の覚醒剤18億円分を密輸していたという事件も衝撃的でまとめていますので気になる方は確認してみてください。

佐藤一貴がイケメン!?妻の夏美や子どもは?!家族写真あり!覚醒剤18億円の運び屋 手口が驚愕!

覚醒剤の使用は、その後の人生を狂わせてしまいます。

取り締まりの強化など、密輸等が今後も起きないことを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする