塚本聖史の顔画像は?自衛官の行動が恐ろしすぎる!!家族や動機も調査!

千葉県で陸上自衛隊の塚本聖史容疑者が生後3カ月の自分の息子の首をしめるという、衝撃的な事件・・・

自衛隊として働きながら、自分の息子になぜこんなことをしてしまったのか。

詳しい詳細は・・?

スポンサーリンク

事件の概要


出典;NNN

千葉県印西市で生後3か月の息子の首を絞めてけがをさせたとして、陸上自衛官の男が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは印西市に住む陸上自衛隊松戸駐屯地の3等陸曹、塚本聖史容疑者(30)です。塚本容疑者は今月13日、自宅リビングで生後3か月の息子の首を絞め、けがをさせた疑いが持たれています。

出典;TBSNEWS


出典;TBSNEWS

塚本容疑者が、息子の首を絞めた後、別の部屋にいた妻が息子の顔色が悪いのに気づき、知り合いの消防士を通じて119番通報しました。


出典;ANN

3カ月の息子は首には強く絞められた痕が残っていたという事です。

息子は病院に運ばれましたが命に別状はなく、軽傷だったそうです。

息子の首の傷に傷がある事などを病院が不審に思い、児童相談所に通報し、塚本容疑者が首を絞めたことを認めたため、警察に通報し、逮捕に至りました。

自宅にいた生後3カ月の息子の顔色が急に青くなっていたら、母親はびっくりしますよね。

息子さんの命に別条がなくて、本当に良かったですが、まさか、自分の夫が首を絞めたことを認めるなんて・・・。

塚本容疑者の妻の気持ちを考えると、言葉がでないです。

塚本聖史のプロフィール・家族は


出典;NNN

名前:塚本 聖史(つかもと きよふみ)

年齢:30歳

職業:自衛隊【陸上自衛隊松戸駐屯地の3等陸曹】

住所:千葉県印西市牧の原

家族:妻と子供3人との5人暮らし

塚本容疑者に子供が3人もいたとは衝撃的ですよね!

3人も子供がいれば、生後3カ月の赤ちゃんのあつかいも慣れていそうなものですが、自衛官として人々を守りながら自分の息子の首を絞め殺人未遂事件を起こしてしまうなんて悲しすぎます。

塚本聖史の顔画像

現在、報道では、塚本聖史の顔画像は公開されていませんでした。

今後、報道などで公開され次第、追記します!

また、Facebookアカウントについても調べましたが、塚本聖史と同姓同名のアカウントは見つかったものの、本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

塚本聖史のFacebookアカウント検索結果はこちら

スポンサーリンク

動機は!?


出典;TBSNEWS

取り調べの中で、塚本容疑者は「泣きやまなかったから殺そうとし」と供述しているそうです。

しかし生後3カ月のあかちゃんは泣くことでしか、訴えが出来ず、泣き止まないのは良くあることですよね。

塚本容疑者は、すでに3人の父親であり、子育てする中で、子どもが泣き止まなかったり、親の言う事を聞かないという経験もあったはずなのに、なぜこのような理由で首を絞めてしまったのでしょうか。。

事件を起こしたとき、他の事にイライラしたりストレスが溜まっていて、子どもに八つ当たりをしてしまったのでしょうか。

どんな理由があっても、首を絞めようとするなんて、してはいけない行為ですよね。

ネット上の声

・自分の妻が大切にお腹で育てて、大変な思いをして出産したことを理解してないな。
3か月の間、新生児を育てる妻の姿を見てなかったのか。

時にはうるさく感じるであろう子供の泣き声は
それだけ元気に泣けるだけに育ってる証拠。
親の都合よくなんか育児が行くわけないだろ。

・一番守らなきゃいけない人を守れなくて、良く自衛官やってたね。

・厳しく苦しい訓練を受けて自衛官になられたと思うが、自分の子供の首を絞めるなんて言語道断。大きくなり言うことをきかなかったら殺してしまうかも。精神的な別の問題を抱えているとしか思えないが。

・嫁と子供が気の毒。

出典;YahooNEWS

父親として、育児の大変さもあるとは思いますが、3カ月という、泣くことしか訴えが出来ない赤ちゃんに、「泣き止まなかったから」という理由であるという事に、子どもの親と思われる方々から怒りのの意見が多いように感じます。

また、自衛官の立場であるにも関わらず、このような事件を起こしたことへの驚きや落胆の声もありますね。

もちろん、どのような立場でも子供の首を絞めるのは許される行為ではないですが、父親・自衛官という立場にある以上、規範となる行動を取って欲しいと思ってしまいますね。

塚本容疑者が勤める自衛隊駐屯地の対応★追記★

塚本容疑者は、陸上自衛隊松戸駐屯地に勤めていました。

駐屯地は

「隊員がこのような事案を起こしたことは非常に遺憾。」

「捜査に協力し、厳正に対応して参ります」とコメントしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする