河合かなみ 顔画像やプロフィール 保育士が1歳児に暴行!動機がひどすぎる…

元保育士が1歳の園児を床にたたきつけ重傷を負わせるという信じられない事件・・。

河合かなみの人物像や動機など事件を深ぼりし調査しました。

スポンサーリンク

事件の概要


出典;MBSNEWS

傷害の疑いで逮捕されたのは、大津市の保育士・河合かなみ容疑者(27)です。警察によりますと、河合容疑者は先月15日、当時勤務していた「田上保育園」で1歳の園児の女の子の両脇を抱え上げ、床に叩きつける暴行を加えた疑いがもたれています。女の子は足の骨を折るなどの重傷です。

出典;MBSNEWS

河合容疑者は、容疑を認めていて、今年の3月末で保育園を依願退職しているということです。

子どもを保育するはずの立場であるはずの保育士が、1歳の女の子を傷つけるなんて信じられないですよね。

共働きの親が増えてきているため、保育園に預ける家庭も増えているため、親にとっても子供にとっても保育園は安心して子どもを預けられる場であって欲しいと感じます。

ほとんどの保育士さんは大切に園児を扱ってくれているにもかかわらず、こんな事件があっては、親も保育園へ安心して預けることが出来なくなってしまいますよね。

河合かなみのプロフィール

名前:河合 かなみ(かわい かなみ)

年齢:27歳

職業:保育士(平成30年3月末まで田上保育園勤務)

住所:大津市千町

河合容疑者は、27歳と、年齢的には若いですが、単純計算して、21歳で専門学校を卒業していれば、保育士として6~7年働いている頃ですよね。

すこしずつ仕事に慣れると共に、仕事へのストレスなどが溜まってくる時期だったのでしょうか。

河合かなみの顔画像


出典;MBSニュース

現在、河合かなみの顔画像は公開されていませんでした。

今後、報道などで公開されれば、随時、追記していきます。

また、Facebookアカウントも検索しましたが、本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

河合かなみのFacebookアカウント検索結果はこちら

スポンサーリンク

ネット上の声

・1歳って、歩き始めてかわいいころです。足を骨折したことで歩き始めが遅れたり、その後の発育に影響しないことを心から願います。
骨折するほど叩きつけたなら、足以外にも怪我をしてる可能性もありますよね。首なども。抵抗できない子供にそんなことが出来てしまう人が保育士なんて、怖すぎます。

・その女、なぜ保育士になったのですか?
子供、好きでなったのではないの?悲しいです。

・保育士もひどいけどさ、父親が警察に行って初めて明るみに出たってこと?保育園は何やってたの?

・子供を扱うのは本当に大変。しかも薄給だから保育士もイライラしていることが多い。そう思うと、保育士のお給料をあげること、仕事を3交代制にしてなるべく長時間労働をしないようにすることなどが早急に必要。
保育園も老人ホームも安心して預けられる場所ではなくなりつつある。
やはりできる限り家庭で母親が育てた方がいい。
こういった問題が後を絶たない。どこでも起きる可能性はあるし、今後は増えると思う。うちの近所でも雨後の筍のように次から次へと無認可保育園ができる。しかもビルの中だったり、庭なんてまったくないところ。
これでは子供はまともに成長しないよ。

出典;YahooNEWS

動機がひどい

河合容疑者は動機について「カッとなってやってしまった」と供述しています。


出典;MBSNEWS

子どもが言う事を聞かなかったり、大人の動いた通りにしてくれない事は多いと思います。

今回の事件を起こしてしまった河合容疑者も、保育士になるための勉強や、保育士としての数年の経験から、きっと子どもが思い通りにならないことは分かっていたと思うのですか・・・。

理性を超えて1歳の園児を床にたたきつける程、カッとなってしまう事とはいったい何なのでしょうか。

もしかしたら、子どもへのイライラだけではなく、他の仕事の内容や、プライベートでストレスが溜まってしまっていたのかもしれません。

しかし、27歳にもなれば、きちんと感情をコントロールして、仕事をするべきだと思いますし、どんな理由があれ、子どもに暴行することは許されることではないですよね。

勤務先の保育園は

河合容疑者が勤めていたのは、滋賀県大津市の私立 田上保育園という事が分かっています。


出典;MBSNEWS

事件発覚の経緯

元々、河合容疑者は、今回被害にあった1歳の女の子の担任をしていました。

3月15日午前11時半ごろ

保育園の園内で、女児を抱え上げ、床にたたきつけて左足首付近を骨折させた(疑い)。

暴行後、河合容疑者は、女の子の父親に「園でけがをしたようなので、病院に連れて行きます」と連絡し、病院まで連れていきました。

病院で女児に付き添った父親が不審に思ったため、警察に被害届を出しました。

その後の警察の捜査の中で、園の関係者などに聞き取りをしたところ、河合容疑者の関与が浮上し、逮捕に至りました。

河合容疑者は女の子に暴行を加えた後、自ら、父親に連絡し、病院まで連れて行っていたんですね!!

自分が女の子が怪我をしていることを発見したことにすれば、暴行を加えたことがばれないと思ったのでしょうか。

もしそうだとしたら、安易でひどい考え方のように感じます。

まとめ

今回の事件のように、子どもについてしっかり勉強し、成長させる立場の保育士が、自分の感情をコントロールできず、子どもに暴行を加えるという事件は悲しすぎます。

このような事件は本当に悲しいですが、事件の原因を追究して、親が、安心して子どもたちを預けられ、子どもたちがのびのびと成長出来るような保育園ばかりになる事をねがっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする