勝田州彦の顔画像やプロフィールあり!殺人動機となった特異な性癖とは…

勝田邦彦受刑者が、14年前に岡山県で殺害された小学3年の筒塩侑子さんの殺害の容疑で逮捕状が出されました。

この事件の詳細と、勝田容疑者の動機ともなった極めて特異な性癖など事件について徹底調査しました。

スポンサーリンク

事件の概要・勝田容疑者逮捕の経緯


出典;NHKNEWSWEB

14年前、岡山・津山市で、小学3年生の女の子が殺害された事件で、兵庫・姫路市で起きた別の事件で、警察は、服役中の勝田州彦容疑者(39)の逮捕状を取り、30日にも逮捕の方針。
出典;FNN


出典;FNN

2004年9月3日午後2時40分ごろ

筒塩侑子さんが友人と下校しました。

9月3日午後3時15~20分ごろ

侑子さんが津山市総社の自宅1階にある自宅に帰宅したと推定されています。

9月3日午後3時35分ごろ

自宅の洋室で、筒塩侑子さんが胸など数カ所を刺されて倒れているのを、帰宅した姉が見つけました。

刺し傷の一部が肝臓に達していたそうです。

9月3日午後3時47分ごろ

姉から連絡を受けた母親が119番しました。

9月3日午後4時59分

搬送先の病院で筒塩侑子さんの死亡が確認されました。

警察は筒塩侑子さんが凶器は鋭利な刃物で襲われ、帰宅直後の15~20分の間に襲われた可能性が高いとみて殺人事件として捜査ていました。


出典;NHKNEWSWEB

しかし、有力な目撃情報がなく、凶器などの遺留品が見つからず、捜査は難航していました

2018年5月29日


出典;NHKNEWSWEB

岡山県警が、別の事件で服役中の勝田州彦受刑者が、侑子さんの殺害をほのめかしており、この事件の逮捕状をとり、明日にも逮捕する方向です。

学校から帰宅直後に、見知らぬ男性に腹部を刺されるなんて、本当に恐ろしいですよね。

また、妹が殺傷されている姿を発見した姉もとても怖かったと思います。

勝田容疑者の逮捕でむごい未解決事件が少しでも解決に近づいたのでしょうか。。

勝田州彦のプロフィール


出典;NHKNEWSWEB

名前:勝田 州彦(かつだ くにひこ)

年齢:39歳(当時25歳)

住所:兵庫県加古川

職業:無職 岡山刑務所に服役中

スポンサーリンク

勝田州彦の顔画像


出典;FNN

こちらは現在服役中の罪の逮捕当時の画像のようです。

今回の事件を起こした14年前にと近い画像だと思います。

印象として、強面ではないように思いますが、9歳の女の子からするととても怖かったに違いないと思います。

また、勝田容疑者は、筒塩侑子さん以外の少女に対しても腹部を刺すという事件を起こしており、残虐的な一面が見えて非常に恐ろしいです。

これが動機…!?勝田容疑者の異常な性癖

勝田容疑者は少なくとも約20年前から複数の少女らに対して暴行や傷害事件を起こしており、過去の公判からは、女性の苦しむ姿が見たいという“異常性癖”と腹部を刺すことへの執着心が浮かび上がる。
出典;産経WEST

勝田受容疑者は学校や家庭内のストレスから自傷行為を行っていたそうです。

また、通院していた精神科への受診も、自らやめていたと報道されていました。

勝田容疑者の自傷行為とは自身の腹部をシャツの上からナイフで刺すというものでした。

そして、高校生の頃から少女が登場するアニメに関心を持ち始めたこともあってか、自身が血に染まる状況を見ながら、少女が同じように出血する姿を想像していたそうです。

また、病院に入院した時に担当医から「もう自分を刺すことはできない」と告げられ、これを機に「現実の少女の腹部を刺したい」と考えるようになった。裁判長はこの事件について、「少女のシャツが血に染まるのを見たいという特異な性癖から、女子中学生を無差別に狙った通り魔事件」と断じていた。
出典;毎日新聞

なかなか理解しがたい、グロテスクで、恐ろしい思考ですよね。

幼い時から自傷行為をするほど追い詰められていたのかもしれませんが、まだまだ幼い女の子を傷つけ、殺害してもいい理由には決してなりませんよね。

しかも複数の事件を起こしているというところもとても恐ろしいところです。

どうしたら、このような行動を止めることができたのでしょうか。。

まとめ

犯人が分かったことで、地域の方々や、筒塩侑子さんの家族も少し、安心した面もあるかもしれません。

しかし、今回、事件を調査すればするほど、勝田容疑者の性癖の恐ろしさと残虐的な面が見えてきて非常に恐怖を感じるものでした。

亡くなられた、筒塩侑子さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする