大阪枚方 加藤泰浩警部補の仕事内容やが自宅と現場の位置関係が判明!飲酒運転の結末は?

大阪府枚方で57歳の警部補が飲酒運転で逮捕されるという衝撃的な事件。

事件の現場などから加藤泰浩警部補の事件当時の行動や事件の詳細をを調査しました!!

スポンサーリンク

事件の概要


出典;ABCテレビ

大阪府警は7日、飲酒運転や信号無視をしたとして、府警城東署地域課の警部補、加藤泰浩容疑者(57)=大阪府交野市東倉治5=を道交法違反(酒気帯び運転)などの疑いで逮捕した。「アルコール類は飲んでいない」と容疑を一部否認しているという。

府警監察室によると、加藤容疑者は非番だった6日午後3時20分ごろ、大阪府枚方市の路上で信号無視し、パトカーから停止を求められたのに約1キロにわたって逃走した。逃走中、街路樹を倒した上、カーブを曲がる際に対向車線にはみ出し、歩道柵に衝突して止まった。顔や胸などに軽傷を負い、病院に搬送された。

加藤容疑者の呼気から、基準値を超える1リットル中0.3ミリグラムのアルコール分が検出されたため、府警交野署が治療後の7日未明に逮捕した。

出典;毎日新聞

呼気からアルコールが検知されているのにもかかわらず、飲酒してないと容疑を一部否認しており、このようなことが通用するはずないですよね。


出典;ABCテレビ

一般の人なら言い訳してしまう気持ちもわからないではないですが、警察官なら言い逃れできないことはわかりそうですよね。

なぜこんなことをしたのか不思議ですよね。

大阪 警部補の加藤泰浩の顔画像やプロフィール・家族情報は?飲酒運転の動機がひどい!

加藤泰浩のプロフィールは?


出典;ABCテレビ

名前:加藤 泰浩(かとう やすひろ)

年齢:57歳

住所:大阪府交野市東倉治5

職業:警察官

勤務先:大阪府警 城東警察署 地域課 警部補

地域課の仕事内容

加藤容疑者は府警城東署地域課の警部補と報道されており、普段の仕事内容も期になりますよね。

地域部(ちいきぶ)とは、警視庁、道、府および主要県警察本部に設置される部署の一。市民生活に最も身近なパトカーや、交番・駐在所、及び110番の受け付けと事件対応配備を担当する通信指令業務などを、運用管理する。いわゆる“お巡りさん”が所属する部署。

北海道、宮城、埼玉、千葉、警視庁、神奈川、新潟、静岡、愛知、大阪、京都、兵庫、岡山、広島、および福岡の15の指定都道府県に設置されている(熊本除く)。他の県警にも設置が進み、31年ぶりで2007年3月に福島、同年4月に茨城と栃木、2010年4月に長野、2013年4月には岐阜に新設された。群馬と山口と三重でも設置された。

残りの警察本部では生活安全部内に「地域課」(和歌山県警察では地域指導課)が置かれ、同じ業務をしている。警察署には「地域課」がある。

出典;ウィキペディア

地域住民に密着するパトカーに乗る、お巡りさんも含まれており、普段から、飲酒運転や、信号無視・事故対応を自ら取り締まってた可能性もありますね。

事故現場の物損もひどいです。


出典;ABCテレビ

いつも交通の安全を守ってくれているお巡りさんがこのような事件を起こしてしまうのは本当に残念です。

スポンサーリンク

信じられない..加藤泰浩の自宅と事件現場の位置関係が判明!

加藤容疑者の自宅から、交差点までの経路を調査!


事故現場は、大阪府交野市津田南町1の看板が見えたので、こちらで検索しています。

自宅と信号無視をした現場の距離は500mほどのところであり、車で3分...確かに、近いですよね。

この距離ならば、歩いて行けそうですよね。なぜ、車で行ってしまったのか…。

そんなに急ぎの用事があったのでしょうか。

大阪 警部補の加藤泰浩の顔画像やプロフィール・家族情報は?飲酒運転の動機がひどい!

もし急ぎの用事があったとしても、信号無視して、このような事件を起こし逮捕されてしまっては、少しの時間の短縮のはずが、これからの人生を遠回りすることになってしまっていますよね。

ネット上の反応

・懲戒免職にして欲しい。
大阪の恥さらしだ。

・警察官が実践してしまいましたね。
逃げた方が得、又はさほどの損はない。

・はい、残念。普通の会社員なら名前も出ないし会社にバレることも無かったのにね。酒好きは公務員と芸能人なったらあかんね(´・ω・`)

・最近 警官の不祥事が多いのと
飲酒運転が、多いと思う
ほんま飲酒運転したら
懲役とかにして
厳しい処罰にしな
減らないと思う

・外に飲みに行くのが好きなら歓楽街の近くに住んだらいいと思う。
家で飲んでて足りない物は近くのコンビニで買うとかさ。
タクシー代ケチったのかな?
公務員だしこれは取り返しつかないね。

出典;YahooNEWS

警察官が、飲酒運転による事故を起こして、残念かつ憤りを感じている意見もたくさんあった一方、中には、公務員や芸能人でなかれば、会社などにもバレなかったのに、という意見もありました。

確かに、一般人なら、ここまでニュースになることはなかったかもしれませんが、市民を守り、取り締まる側の警官は市民のお手本になるような行動をとるべきだったと感じます。

小学校や中学校には警察官の方々が交通ルールの啓発活動をしに来ているにも関わらず、このような事件があったら示しがつかないですよね。

まとめ

今回、人身事故にならなくて本当に良かったですが、飲酒運転は関係ない市民を巻き込んでしまい、取り返しのつかない事故になってしまうかもしれないことを肝に銘じないといけませんね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする