岩倉知広の現在の顔画像とプロフィールあり!!鹿児島でおきた殺人!時系列と関係性を分析!!

追記!!

岩倉知広の現在の顔画像・性格や生い立ちに関する情報を追記しました!

さらに不明2人ついても新たな真相が解明!!

鹿児島県日置市で、家族間と知人を3人殺害し、行方不明者が2名いるという不可解で複雑かつ残虐な事件が起こりました。

この事件の容疑者である、岩倉知広の顔画像やプロフィールやSNSのアカウント情報あり!

また、この事件は関係者の関係や行動がとても複雑で分かりにくいため、分かりやすく整理しました!!

スポンサーリンク

事件の概要 ★追記あり★


出典;TBSNEWS

鹿児島県日置市で男女3人が殺害された事件で、警察は7日午前、現場の住宅に住む男性の息子で38歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

この事件は6日午後、日置市の住宅で住人の親族の岩倉孝子さん(69)と坂口訓子さん(72)、住人の知人の後藤広幸さん(47)が倒れているのが見つかり、死亡が確認されたものです。

現場の住宅には80代の母親と60代の次男が住んでいますが、警察は7日午前、次男の息子で無職の岩倉知広容疑者(38)を、後藤さんを殺害した疑いで逮捕しました。

住宅に住む岩倉容疑者の父親ら2人は現在、行方が分からなくなっており、警察は事件に巻き込まれた可能性があるとみて調べています。

出典;TBSNEWS


出典;TBSNEWS

岩倉知広は後藤さんの殺害について、「間違いありません」と容疑を認めており、死亡した女性2人の殺害も関与をほのめかしています。


出典;ANN

警察は、行方不明の祖母と父親についても岩倉知広が何らかの事情を知っているものとして調べを進めています。

鹿児島県ののどかで静かそうな住宅でこのような家族・知人3名の殺人事件と行方不明者2名もでる事件が起きるというのは衝撃的ですよね。

現在動機については分かっておらず、警察が捜索中という事ですが、いち早く動機や真相が判明する事を願います。

追記 行方不明の2人が遺体で発見!


出典;JNN

この画像は日置市の現場のものです。

岩倉容疑者が取り調べの中で、遺体について供述したため、警察がその場所を捜索すると、この場所から南の方角に行った山の中の空き地で2人の遺体が発見されました。

現在身元の確認中ですが、岩倉容疑者の父親と祖母の遺体と考えられますよね。

のどかそうな田舎の町でこのような事件が起こるというのは恐ろしいですよね。

岩倉知広の顔画像 ★追記あり★


出典;TBSNEWS

報道の中に、岩倉知広の中学生時代の写真がありました!

現在の岩倉知広の年齢は38歳ですが、比較的若く、目元など、顔のパーツは近いものがある可能性が高いですよね。

追記 現在の顔画像発見!


出典;JNN

一見、殺人をするような犯人には見えませんよね。

岩倉知広のプロフィール

名前:岩倉 知広(いわくら ともひろ)

年齢:38歳

職業:無職

住所:鹿児島県日置市(ひおきし)東市(ひがしいち)来(き)町湯田のアパート


出典;TBSNEWS

性格:引きこもりがちで静かな性格

一家をよく知る男性らは「引きこもりがちで、最後に見かけたのはかなり前。車が好きだったが、働いておらず家族から援助を受けていたのでは」などと語った。

出典:産経WEST

38歳は一般的には働き盛りの年齢ですよね。

この年齢で無職で自宅に引きこもりがちというだけでも少し衝撃的ですが、殺人事件を起こしてしまうというのはとても恐ろしいです。

岩倉知広のFacebookアカウント

岩倉知広容疑者は38歳であり、引きこもりがちという事から、インターネットなどを頻繁に利用していた可能性はありますよね。

しかし、残念ながらFacebookで岩倉知広を検索すると、同姓同名のアカウントは存在しますが、本人と特定できるアカウントは見つかりませんでした。

気になる方はこちらから検索してみてください。

スポンサーリンク

事件にかかわる人物の人間関係


出典:ANN

以下、容疑者の岩倉知広からみた関係性で、人間関係を解説します。

死亡が確認されているのは知人で容疑者と同じアパートに住んでいた後藤広幸さん(47)と、叔母の岩倉孝子さん(69)、叔母の姉にあたる坂口訓子さん(72)です。


出典;NNN

現在行方不明になっているのは、上記の3人の死亡が発見された家に住む、80代の容疑者の祖母の岩倉久子さんと60代の容疑者の父親の2人です。


出典;TBSNEWS

次のタイトルに詳しく記載しますが、今回の事件が発覚するきっかけとなった、70代の男性は、容疑者の叔父(岩倉容疑者の父親の兄で亡くなった岩倉孝子さんの夫)の通報がきっかけでした。

現在、報道されている中では、この一家のなかで、生存が確認されているのは、容疑者の岩倉知広を除くと、この叔父1人だけということになります。

今の叔父の気持ちを考えるととてもいたたまれない気持ちになります。

また、亡くなった方のなかで、唯一血縁関係のない、後藤さんはこの一家とは親交のあり、容疑者と同じマンションに住んでいたことは分かっていますが、なぜ巻き込まれることになってしまったのか気になります。

事件の時系列

この事件は、岩倉知広容疑者の叔父の通報により、発覚していますが、叔父が通報するまでの経緯が複雑かつ、事件に大きく関わることになった可能性があるため、時系列で整理したいと思います。

4月6日 正午ごろ


出典;ANN

岩倉知広容疑者の父親(60代)の職場から、父親が数日間無断欠勤をしており、連絡が取れないと叔父(70代)に電話がありました。

午後0時30分ごろ


出典;ANN

電話があった時は、叔父は仕事で県外にいたため、電話で、容疑者の叔母の岩倉孝子さん(叔父の妻)に、父親の様子を見に行ってほしいと依頼しました。

その後、叔父は、様子を確認しようとしましたが、叔母の孝子さんに連絡がつながらなくなったため、知人の後藤博之さんに電話をかけ、同様の要件を伝え、依頼しました。


出典;ANN

おそらく、事件のあった家に向かうとき、叔母は、実姉である、坂口訓子さんと一緒だったと考えられています。

午後2時50分ごろ


出典;ANN

叔父は後藤さんに再度連絡したにも関わらず、後藤さんとも連絡が取れなくなったため、警察に「妻や弟と連絡が取れない」と通報しました。

この時、何か胸騒ぎがしたのかもしれないですね。

午後3時30分過ぎ


出典;ANN

父親の自宅に駆け付けた警察官が、後藤広幸さん(47)と、叔母の岩倉孝子さん(69)、叔母の姉にあたる坂口訓子さん(72)が死亡し、倒れているところを発見しました。

後藤さんの死因は窒息死でした。

4月6日夜

岩倉容疑者は、日置市の道路を歩いているところを捜査員に発見されました。

この事件は一見複雑ですが、まとめると何とか分かりますよね。

現在死亡が確認されている3人は現在行方不明の2人の様子を見に行くために現場の自宅に向かった人ばかりであり、その時、恐ろしい事が現場で起きていたの可能性が高いですよね。

行方不明となっている2人の安否も心配です。

まとめ

現在、岩倉知広容疑者が認めているのは後藤さんへの容疑のみですが、家族間と親交の深い知人が死亡、2名がいまだに行方不明のままであり、とても恐ろしい事件ですよね。

家族の間でのトラブルがあったのでしょうか。

今は謎が深まるばかりですが、早く真相が解明されることを願います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする