石川県能美市の海岸に遺体発見。事件の詳細、安戸昭友容疑者の顔画像。

2018年2月15日、石川県の海岸で昨年12月から行方不明となっていた建設作業員、山本直広さん(37)の遺体が見つかり、警察は知人の安戸昭友容疑者(45)を死体遺棄の疑いで逮捕しました。

安戸昭友容疑者の顔画像は。また、二人の関係や殺害の動機は一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク



事件の概要


出典;TBSNEWS

石川県能美市の海岸に知人男性の遺体を埋めたとして、県警は16日、同市佐野町、自営業、安戸昭友容疑者(45)を死体遺棄容疑で逮捕した。「間違いありません」と容疑を認めている。県警は男性が殺害された可能性もあるとみて、死亡の経緯を詳しく調べている。

逮捕容疑は昨年12月下旬~今月15日ごろ、同県加賀市田尻町の建設作業員、山本直広さん(当時37歳)の遺体を能美市中町の砂浜に埋め、遺棄したとしている。

県警によると、山本さんは昨年12月下旬から行方が分からなくなり、家族が県警に届け出た。県警の捜査で山本さんと仕事で付き合いがあった安戸容疑者が浮上。安戸容疑者の供述などに基づき、砂浜で遺体が発見された。遺体は死後かなり時間がたっているという。

出典;毎日新聞

知人を殺害した上に、海岸の砂浜に遺棄し、数か月もみつからずに過ごしていたなんて、恐ろしいですね。

現在は死体遺棄の疑いでの逮捕ですが、今後、警察は安戸昭弘容疑者を殺人容疑も視野に入れて捜査していく予定だそうです。

また、遺体の司法解剖の結果、遺体の頭に、鈍器で殴られたような痕が見つかっているため、頭部を殴って殺害した後、海岸まで行き遺棄した可能性が高いということです。

安戸容疑者と被害者の山本さんとの関係


出典;TBSNEWS

安戸容疑者は石川県能美市で建設関係の仕事を請け負う自営業を営んでおり、山本さんは石川県加賀市田尻町の建設作業員であったため、おそらく建設現場の仕事関係で知り合ったと見られます。

また、二人は去年の夏ごろから一緒に仕事をしていたことも分かっています。

スポンサーリンク



殺害動機

報道によると、二人の間には金銭トラブルがあったことが分かっています。


出典;NNN

建設現場作業員(被害者)と請負会社の社長(容疑者)との関係であったため、仕事上の金銭トラブルの可能性もありますし、個人的な貸し借りによるトラブルの可能性もあるため、動機の断定はできませんが、いずれにしても金銭問題が人を殺害する理由には絶対になりません。

安戸昭友容疑者の顔画像とプロフィール

安戸昭友容疑者の顔画像は現在は公開されていませんでした。

しかし、石川県の能美市で現場作業の会社の中で安戸昭弘という名前に一致するものがありました。

検索結果はこちら

遺体を発見した、能美市中区の海岸(砂浜)とは

石川県能美市中町はこのあたりです。

まとめ

自然豊かな町で起きてしまった悲しい事件。

被害者の山本さんのご家族が捜索願いが出されてから約2ヵ月後、最悪な形での再会となってしまいました。

真相の早期解明を願い、山本直弘さんのご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする